睡眠に影響する寝るまでの行動

睡眠に影響する寝るまでの行動

睡眠に影響する寝るまでの行動記事一覧

「長期休みを迎えると、ついつい夜更かしをして、次の日は昼までずっと寝てしまう…」…というような方は少なくないかと思います。ですが、そんな生活を続けてしまうと、昼夜逆転生活が始まってしまうかも…。一度昼夜逆転生活が始まると、なかなか元に戻すことは難しく、休みが終わっても起きることが出来ず、そのままダラダラと引きこもりになってしまうなんてケースも珍しくないようです。そんな恐ろしい事態を避ける為にも、昼...

実は、体内時計は25時間周期で回っています。毎日決まった時間に眠くなるのは、朝に日光を浴びて体内時計の誤差を修正しているおかげなのです。季節の変化とともに日の長さが変化しますが、これに調整をかけるのも体内時計の役割。不規則な生活や夜更かし、太陽に当たらない生活などで体内時計がくるってしまうと、睡眠障害が発症する事もあります。ここでは、睡眠障害の症状にはどんなパターンがあるかをご紹介しましょう。概日...

「昨日10時間も寝てたのに体の疲れが取れない」このように、何時間も寝たにも関わらず、なぜか体の疲れが取れないという場合、それは睡眠をダラダラ貪っているだけで、睡眠の質が低下している可能性があります!睡眠は、どんなに長時間取っても質が悪ければ時間の無駄です!たくさん寝たにも関わらず、なぜか常に眠いという事態に陥ってしまう可能性がありますよ!睡眠の質を向上させるためにはどうすれば良いのか?睡眠の質が低...

昼寝をするというと、サボっているといったマイナスイメージを持っている方も多いのではないでしょうか。実際には、脳や体は仮眠をとると劇的に回復し、その後の作業効率を上げることができます。昼寝といっても寝すぎは逆効果になり、仮眠の取り方や時間がポイントになります。短時間で効果的に睡眠を取ることで、夜の睡眠にも支障をきたすことなく、日中にリフレッシュする時間を設けることが可能です。では早速ですが、快適な生...

それぞれ人によって、寝るまでにかかる時間と言うものは異なります。ですが、あまりにもその時間がかかりすぎているようであれば、それは不眠症の一歩手前の可能性がありますよ!一般的に寝るまでにかかる時間は、どれほどかかるものなのか?多くの人が睡眠までにかかる時間についてご説明します。睡眠までにかかる時間は何分が健康的?!一般的に睡眠までにかかる時間は、平均して15分前後。布団に入って目をつむってから、大体...

「夜布団に入ると、不安やストレスで考え事が絶えない…」「夜遅くまで起きてしまって、明日の朝起きれるかどうか不安」このように、夜についつい考え事をしてしまった結果、朝起きるのが辛くなってしまうという方は少なくありません。夜に不安で眠れなくなったり、朝起きられるか不安な状態を解消するためには、このようなケアをすることをおすすめします。羊の数を数えるような単調作業をしてみる!物を数えるような単調作業は、...

眠気覚まし、と聞くとコーヒーを連想する人は多いと思います。コーヒーにはカフェインが含まれています。カフェインは興奮剤の役割を果たすので、眠気を覚ます効果があるのです。コーヒーにはどんな効果があるのか?コーヒーを飲むと、コーヒーに含まれるカフェインが交感神経を刺激するので、大体15〜20分すると血糖値が上昇してきます。交感神経が刺激され血糖値が上がると、血液中のアドレナリンが増えて、血糖値、血圧、脈...

アドレナリンは副腎から分泌される神経伝達物質で、心拍数や血圧を上げるために分泌されます。しかし、アドレナリンの分泌量が適正値よりも過剰になったり不足すると、睡眠にも影響が出てくるのです。では、アドレナリンの分泌量のバランスが取れなくなった時は、どのような症状が出るのでしょうか。睡眠不足?アドレナリンが過剰になると?アドレナリンが過剰に分泌されたままだと、身体の血流を促すため脈拍が高くなり、動悸が激...

あくびはよく耳にしますが、生あくびと言われるとなかなか聞きなれない人も多いかと思います。一体、生あくびとはなんなのでしょうか、または、あくびとの違いについて説明していきます。生あくびとは何か?あくびと言われると、眠気があり脳が酸素を欲している時に出るものです。生あくびはと言いますと、原理はあくびと同じですが、あくびとの違いは病気の症状が潜んでいる可能性がある事です。生あくびからわかる病気は、睡眠障...

常に眠い状態をどうにかしたい…。「夜にたっぷりと眠ったのになぜか常に眠い」「昨日の夜早めに寝たのに、朝スッキリと起きることが出来ない」このように、“常に眠い”状態に悩まされているという方は、夜にしっかりと眠れていない、または、睡眠の質が落ちてしまっている可能性があります。睡眠の質が落ちてしまっている原因は色々と考えられるのですが、睡眠の質が落ちる可能性は、主に次のような原因が考えられるでしょう。睡...

五人に一人が睡眠の悩みを抱えていると言われている現代において、睡眠に関する情報も溢れています。その中でも、ブルーライトは睡眠を阻害するもの、というイメージを持っている人は多いのではないでしょうか。しかし、ブルーライトにもメリット、デメリットがあるのです。ブルーライトは目に見えるわけではありませんので、本当なのか気になるところですよね。今回はブルーライトによって眠れなくなる理由をご紹介します。ブルー...

スマホの電磁波は、私達が気が付かない間に健康に色々な悪影響を与えています。スマホは今では手放せない生活のツール。便利である反面、知らないで受けているスマホの電磁波による睡眠へのダメージについて見ていきましょう。電磁波過敏症について パソコンやスマホを毎日使う方はとても多いですが、知らない間に受ける電磁波は健康に悪影響を与えています。特にスマホは生活に欠かせないため、利用頻度も多くその分電磁波の影響...

副交感神経とは、昼間の活動によって疲れた体を修復してくれる神経の事を言います。その反対の役割に交感神経がありますが、この二つがバランスをとる事で体は健康と生命の維持をしています。副交感神経の働きと交感神経とのバランスとは?交感神経は日中活動している時や不安、緊張、恐怖、怒りなどストレスを感じている時に働きます。血管収縮したり、心拍をあげたり、筋肉を緊張させたりする事により状況な変化に対応するための...

あなたは寝る時にどんな格好で寝ていますか?スウェットやジャージ、Tシャツで寝る人もいれば、、あまり考えたことがないという方も多いのではないでしょうか。実は寝る時に安眠しやすく睡眠の質を上げる服装と、質を下げる服装とがあるのです。ここでは、寝る時にオススメな素材や着方をご紹介します。服装を選ぶポイント1〜繊維〜寝ているときは思った以上に汗をかいているもの。そこでパジャマの素材としてスタンダードなのが...

夏はエアコンをつけていないと、なかなか寝付けないものですよね。とはいえ、空調の使い方によっては冷えすぎてしまい、朝起きるとだるくなってしまうとお悩みの方もいらっしゃるのではないでしょうか。そんな時に、夏でも快適に眠ることができるオススメの対処法をご紹介します。室温を上手く設定して心地よい眠りを室温が何度になると暑いと感じるかは人によって様々です。主には身体から熱を放出しやすい環境下であれば、人は涼...

夏とは対象的に、冬は気温が下がり乾燥しやすくなります。エアコンのおかげで冬の方がスムーズに寝付くことができる人は多いのではないでしょうか。一方で、朝起きたら喉が渇いていたり、喉が腫れて昼頃になると風邪の症状が・・・、なんてこともよくあります。冬は寒さから鼻がつまり、口呼吸になってしまうことで口腔の免疫力が弱まってしまうことも少なくありません。暖房をつけながら心地よく翌朝を迎えるには、どのようなこと...

朝起きた時腰が痛い、夜中に目が覚めてしまうなどの経験をしたことがありませんか。その原因、実は寝具かもしれません。毎日使う布団やマットレスは、意外と多くの方が自分の体に合っていないものを使っています。そこで早速ですが、快眠へと導く寝具選びのコツについて見ていきましょう。掛け布団快眠のためには布団の内部の温度が33度、湿度が55%が目安といわれています。この状態を保つために、とても重要な役割を持ってい...

遅くまで仕事をして、夕飯を食べるのが遅くなってしまう方も多いと思います。翌日に胃が荒れるのは嫌だけど、お腹が空くので何か食べておきたい、という時もありますよね。本来は、寝る前に食事をするのは睡眠の妨げになるのですが、どうしてもお腹がすいてしまった時はどうすれば良いのでしょう。寝る前に食べるのがなぜ睡眠を邪魔するのか睡眠は、脳や臓器を休めて回復させるために欠かせません。身体が睡眠モードに入ると交感神...

睡眠の質と照明の光量は大切な関係があります。真っ暗な部屋が好きな方、照明をつけたまま寝る方など様々ですよね。そこで早速ですが、睡眠と照明の光量の関係について見ていきたいと思います。癒しホルモンのメラトニンとの関係快適な睡眠にはメラトニンと呼ばれる睡眠ホルモンが必要です。このホルモンの分泌は、照明の光量に影響を受けやすい特徴があります。視床下部には体内時計の視交叉上核と呼ばれるものがあり、25時間周...

体の疲労は筋肉だけでなく、大切な脳も注意しないといけません。脳の疲労という症状はなかなか自覚できないものですが、脳は毎日の生活のなかで色々なサインを送っています。そこで早速ですが脳疲労とは何か、原因と対策方法について見ていきたいと思います。脳疲労の症状について脳疲労とは体の疲れと同様に、脳に疲労がたまることです。主な症状としては以下のようなことがあります。集中力がなくなる思考力が低下する記憶力が低...

眠りに入る時に寝付けない、夜中や早朝に起きてしまうなど、睡眠に対する悩みは様々です。寝ようと意識すると、気持ちに反して眠りづらくなってしまうこともありますよね。そんな時には、緊張がほぐれるストレッチをしてみましょう。今回は、睡眠の悩みによって異なるストレッチ方法をご紹介します。寝つきが良くない方へ寝つきが悪い方は入眠前に軽い運動をすると、しない時と比べて寝つきが良くなります。男女33名を被験者とし...

体は疲れているはずなのに眠れない…。そんなときは少し気分を変えて温かい飲み物を摂ってみると、リラックスして寝付きやすくなりますよ。ただし飲み物には眠りを誘うものと、より眠りを遠ざけてしまうものがあるので注意が必要です。このページでは眠れない夜にオススメの飲み物と、避けた方がいい飲み物をご紹介します。寝る前に飲んではいけないもの眠りにつく前に飲んではいけないものの代表が、カフェインの含まれた飲料です...

睡眠時間は健康を維持する大切な要素のひとつですが、脳の働きを回復し活発にする役割があることを忘れてはいけません。睡眠不足だと次の日、頭がすっきりしないなんてことがよくありますよね。では早速ですが、睡眠が学習と記憶力に与える効果について見ていきましょう。睡眠と学力の関係について睡眠不足だと頭の回転がなんとなく鈍く感じるのは気のせいでなく、実際に脳には色々な負担がかかっているためです。睡眠時間が多い人...

アロマセラピーはリラックス効果があり、ストレス解消や不眠改善に大変人気があります。アロマとはいっても種類が色々あり、それぞれ効果が違います。そこで早速ですが、睡眠にメリットもたらすアロマについてくわしく見ていきたいと思います。睡眠の質をアップするアロマの種類アロマのなかにはリラックス効果が高く、快眠によいタイプがいくつかありますのでご紹介しましょう。サンダルウッドウッディ―な香りでリラックスするだ...

昼ご飯を食べた後、午後になるとぼんやりして激しい睡魔に襲われることってよくありませんか。頭がぼーっとすると仕事や勉強がはかどらない原因になり、体の疲れもどっとたまってしまいます。こんな時はどうやって乗り越えたらいいのか、原因と対策についてご紹介したいと思います。日中ぼーっとする原因について低血糖まず考えられるのは脳のエネルギー不足です。脳のエネルギー源はブドウ糖ですが、昼食後などは急激に上昇した血...