ドリエルの睡眠効果は本当?副作用と依存性の有無を成分から確認

ドリエルの睡眠効果は本当?副作用と依存性の有無を成分から確認

ドリエルの睡眠効果は本当?副作用と依存性の有無を成分から確認

ドリエルの睡眠効果は本当?副作用と依存性の有無を成分から確認

夜中に何度も起きてしまう、寝つきが悪い、朝すっきりしないなど睡眠に関する悩みを抱えた人はとても多いですよね。

 

眠れない時に薬局で手に入る睡眠改善薬の一つに、ドリエルがあります。

 

CMの効果もあって一般にも有名な、ドリエルとはどのような睡眠改善薬なのでしょうか。

 

また快眠するにはどのような点を注意するべきかご説明したいと思います。

 

 

ドリエルの特徴について

大手製薬メーカーエスエス製薬から販売されている睡眠改善薬のドリエルは、寝つきが悪い、眠りが浅いなどの症状を緩和する薬

 

なかなか寝付けないといった時に服用すると、眠気がやってくる作用があります。

 

不眠の症状としては悩み事があって眠れない、不規則な生活リズムで不眠が続く、ストレスが多い、神経が高ぶって入眠できないといったことがあげられますよね。

 

ドリエルは一時的な不眠症状が気になる時に服用するものです。

 

主成分のジフェンヒドラミン塩酸塩は抗アレルギー薬などに使用されているのですが、服用すると眠くなるという作用があるため、それを生かして作られたもの。

 

一時的な不眠であれば問題はありませんが、長期に渡って症状が継続すると、睡眠障害や不眠症になり専門的な治療が必要になる場合もあります。

 

これって不眠症!?睡眠障害の症状をチェック!原因と改善法は?」もあわせて確認してくださいね。

 

 

ドリエルが睡眠を招く仕組みについて

ドリエルは、眠れない時に発生する覚醒物質ヒスタミンをブロックする作用があり、自然と眠気を誘うため、イライラして眠れない時や体が疲れているのに眠くないといった場合も有効。

 

ドリエルの成分、ジフェンヒドラミン塩酸塩がヒスタミンの作用を抑えて自然と眠くなるよう導いてくれます。

 

ドリエルは15歳以下の服用はできません。

 

15才以上であれば就寝前に1日1回、2錠を水やぬるま湯で服用します。

 

過剰摂取すると逆に神経が高ぶり眠れなくなる場合もあり、また就寝前以外の服用はできません。

 

お酒やそのほかの医薬品との併用も出来ませんので、使用説明書をよく読んでから服用して下さいね。

 

お酒を飲まないと眠れない?寝酒で不眠症は改善されるのか

 

副作用について

ドリエルの睡眠効果は本当?副作用と依存性の有無を成分から確認

 

発疹やかゆみ、胃痛、吐き気や嘔吐、食欲不振などが副作用として挙げられます。

 

またジフェンヒドラミン塩酸塩は体に抗体ができるのが早いのが特徴で、早い人では2・3日目から効き目がなくなったという場合もあるほどなのです。

 

効き目が感じられないからと言って量を増やすと危険ですので、効果が感じられない場合は他の方法をとるか専門医を受診しましょう。

 

市販の睡眠薬を選ぶ際のポイントや注意点は?市販の睡眠薬の効果など

 

快眠するためのコツとは

疲労がたまりどうしても眠りたい時や、不眠が続く場合はドリエルを使って症状を緩和することも手段のひとつ。

 

しかしもっと体に安全で継続できるのはサプリメントです。

 

リラックスしやすい体質をつくり、天然成分を利用して体にも安心ですよ。

 

不眠は不規則な生活習慣、食生活、運動不足やストレスなどあらゆる面を見直し、サプリメントをプラスすることが何よりも効果的な手段といえるでしょう。

 

もし不眠がひどく、身心にトラブルが起こるような場合は、すぐに医療機関で相談して専門的なアドバイスを受けてくださいね。

 

睡眠不足はリラックスできないため?ストレスとの関係について

 

まとめ

ドリエルはドラッグストアで簡単に購入できる薬なので、入眠困難な時に参考にしてください。

 

また睡眠改善は薬よりも負担が少ないサプリメントも人気がありますので、早速プラスするとよいでしょう。

 

睡眠薬とは違いいつでも飲めますし、穏やかな効果が体に安心ですよ。

 

ドリエルの睡眠効果は本当?副作用と依存性の有無を成分から確認