体がだるい、ぐっすり眠りたいのに眠れない、そんな困った症状の改善策は?

体がだるい、ぐっすり眠りたいのに眠れない、そんな困った症状の改善策は?

体がだるい、ぐっすり眠りたいのに眠れない、そんな困った症状の改善策は?

体がだるい、ぐっすり眠りたいのに眠れない、そんな困った症状の改善策は?

体がだるい時、そんな時こそ夜はぐっすり眠ってだるさから抜け出したいものです。

 

しかし、体がだるく、寝ることでだるさを軽減したいのに、なかなか眠れないときはありませんか?

 

また、だるくてそのだるさが故に眠れないという症状の人も多く見かけます。

 

だるくて眠れない、だるいからこそしっかり寝たいのに眠れない、そんな困った症状を抱えてしまっている時にできる改善策をご紹介していきます。

 

常に眠い原因は何?寝ても疲れが取れなくてだるい!の改善法

 

体がだるくて眠れない原因

では、まず体がだるくて眠れない原因、だるいのにもかかわらず寝られないという原因を見ていきましょう。

 

体がだるさを感じる要因としては、まず過度の疲れがあります。

 

たくさん運動した日やかなり歩いた日などは、一日の終わりに体のだるさを感じることは誰にでもあることです。

 

その他のだるさの原因としては、風邪や発熱など、体調不良が原因でおこるだるさです。

 

風邪で寝れないときに試したい対処方法をご紹介

 

また、栄養不足、睡眠不足でもだるさを感じることがあります。

 

しかし、このような要因が一切無く、それでもだるさを感じるということがあります。

 

そのようなだるさの場合には、自律神経が原因でおこるだるさだという場合も多くあるのです。

 

自律神経が関係するだるさで眠れないときにとる対策

それでは、自律神経が関係してだるさを引き起こし、その結果として眠れないという症状がある場合、どのように対処したらよいのでしょうか。

 

ここでは、自律神経を正常な状態にし、だるさを軽減、しっかりと眠ることができるような体の環境作りについてご紹介していきます。

 

自律神経のバランスを整える

最も大切な事は、自律神経のバランスを正常化して、体のだるさや眠れない症状を取り除いていくことです。

 

自律神経のバランスが崩れる要因
  1. ストレス
  2. 生活のリズムが不規則
  3. 就寝前にスマホやパソコンなどの画面を見続ける
  4. 寝る前に興奮するようなことをしてしまう

 

自律神経は交感神経と副交感神経から成り、安らかな睡眠を得るためには、副交感神経の働きを優位にしなければなりません。

 

寝る前には、上記のような行動をなるべく避け、心身ともに安定し安らかな状態を作りだすことが大切です。

 

目が冴えて眠れない時には、睡眠をサポートするサプリで睡眠改善を

 

睡眠サプリで睡眠ホルモンを補う

人間が睡眠へと体をシフトさせるには、睡眠ホルモンと呼ばれているセロトニンを分泌させなければなりません。

 

このセロトニンが体内で十分な量分泌されなければ、安眠することはおろか眠りにつくことすら難しくなってしまうのです。

 

そこで利用したいのが、睡眠サプリです。

 

睡眠サプリにはセロトニンの原料となるトリプトファンという成分が配合されていて、セロトニンを生成しやすくしてくれます。

 

それによって体が自然に睡眠の方向へとシフトし、眠りの質も大幅に向上させることができるのです。

 

セロトニンを増やす方法とは?摂取するにはサプリが良い?

 

まとめ

慌ただしい現代社会では、ストレスを緩和したり、規則正しい生活をしたり、一定以上の運動や栄養素の摂取は困難になっています。

 

その状態が続くと、体がだるくて眠れないという症状につながってしまい、健康を脅かす材料となります。

 

こういった状況を打破するためにも、睡眠サプリを利用して夜の睡眠を充実、ホルモンバランスや自律神経のバランスを整えておくようにしましょう。

 

体がだるい、ぐっすり眠りたいのに眠れない、そんな困った症状の改善策は?