微熱で眠れない原因は自律神経、現代人に多い微熱、そして不眠とは?

微熱で眠れない原因は自律神経、現代人に多い微熱、そして不眠とは?

微熱で眠れない原因は自律神経、現代人に多い微熱、そして不眠とは?

微熱で眠れない原因は自律神経、現代人に多い微熱、そして不眠とは?

風邪をひいたわけでもないのに、普段より体がだるい、平熱よりもやや高めの微熱が続き、眠れないなどの症状で悩む人が増えています。

 

これは、現代人が抱える社会スタイルの変化に伴う自律神経の乱れ、つまり言い換えるのであれば現代病とでもいえるでしょう。

 

現代社会のみの周りに潜んでいる自律神経に大きな影響をあたる事柄、要因、しかしそれらをすべて取り除くことは不可能です。

 

では、自律神経が乱れ微熱が続いて眠れないような状況に陥ってしまったとき、いったいどのような対処法を行ったらよいのでしょうか。

 

自律神経の乱れによる微熱、さらに眠れないなどの症状を改善する対策をまとめました。

 

人間の体の健康と自律神経はとても深く関係している

私たち人間の体は、健康であるためにはさまざまな条件を必要としています。

 

その中でも体の内部の状態において非常に重要な役割を果たすのが「自律神経」です。

 

自律神経が正常に働き、交感神経と副交感神経のバランスが良いということは、、健康な体を維持していくうえで必要不可欠です。

 

逆に言えば、自律神経が乱れていると、どんなに健康に気を使っても体は異常をきたしてしまうということができるのです。

 

微熱が続く、体がだるい、眠れないなどの症状は自律神経の乱れを疑いましょう

風邪をひいたわけでもないのに37度前後の微熱が続いたり、体のだるさを感じる、夜しっかりと眠れなかったりした場合には、自律神経の乱れをまず疑ってみましょう。

 

体がだるい、ぐっすり眠りたいのに眠れない、そんな困った症状の改善策は?

 

ストレスの多い生活が自律神経のバランスを崩す

自律神経には、交感神経と副交感神経という2つの神経があります。

 

この自律神経は、私たち人間の生命維持や健康生活において非常に重要な役割を担っていて、自律神経の働きによって生かされているといっても過言ではありません。

 

自律神経が体内でおこなってくれていること

では、自律神経は体内ではどのような役割を果たし、どのような活動をしているのかを見てみましょう。

 

  1. 食べた物を栄養として体に吸収する
  2. 老廃物や体に必要の無いものを体外へと排出する
  3. 血液を循環させる
  4. 胃や腸、その他の臓器を動かす
  5. 眠る   など

 

この他にも、意識をしていなくても体のために自然に行うことは、全て自律神経がとりおこなっているということができるほど、自律神経の働きは重要かつ多方面にわたって必要とされているといえます。

 

交感神経ばかりを使ってしまいバランスを崩す

自律神経は、活発に活動するための交感神経、眠ったり休息したりする時に使う副交感神経の絶妙なバランスの上に成り立っています。

 

しかし、現代社会はストレスや刺激が多く、交感神経ばかりを酷使しがちな生活スタイルになってしまっています。

 

交感神経を使う場面

  1. 仕事や通勤
  2. 人間関係
  3. ストレス
  4. プレッシャー
  5. パソコンやスマホなどの電気機器
  6. 添加物
  7. 騒音
  8. 不規則な食事
  9. 睡眠不足
  10. 過労
  11. 育児や家事
  12. 閉経   など

 

副交感神経を使う場面

  1. お風呂
  2. マッサージ
  3. 睡眠
  4. ストレッチ
  5. 休息   など

 

このように副交感神経に比べて交感神経を非常に多く使う機会が目立ちます。

 

これが自律神経の乱れにつながり、微熱や眠れないなどの症状を引き起こしてしまうのです。

 

微熱が続き眠れない日々を脱却、症状を改善するためにしたい事

では、このような状態において、微熱が続き眠れない、そのほかにもだるさや不安、頭痛やめまい、ほてりなど、自律神経の乱れによる不快な症状を解消するためにはどうしたらよいのでしょうか。

 

自律神経の乱れを整え、今抱えている症状を改善する方法を考えていきましょう。

 

寝すぎて頭痛がする理由は何?

 

まずは夜しっかりと眠ることが大切

自律神経の乱れを解消するためには、まず夜の睡眠をしっかりと改善し、充実した睡眠を確保することが重要です。

 

寝ている間は副交感神経が優位になりますから、睡眠をしっかりと取ることで交感神経を休ませ、副交感神経を活発化させることができます。

 

夜徹底して睡眠改善をするために、夜の睡眠へとしっかりとはいるためにはどのような工夫が必要なのでしょうか。

  1. 日中適度な運動をして心地よい疲労感を持つ
  2. 朝起きたときに太陽の光を浴びる
  3. バランスの良い食生活、規則正しい生活スタイルに改善する
  4. 夜の眠りをサポートする睡眠サプリを利用する

 

特に睡眠サプリの利用は、睡眠ホルモンであるメラトニンの働きを促進し、微熱などで眠れないような状態の時にもしっかりと眠りをサポートしてくれる便利なツールです。

 

睡眠に欠かせないメラトニンとは?!サプリで摂取できる?

 

睡眠サプリを利用すれば、眠りへとスムーズに移行するだけでなく、夜中に目が覚めてしまったり、朝の目覚めが悪いなどの睡眠に関する悩みも解消することができるので非常におススメです。

 

夜の睡眠の質をアップしているうちに、微熱や眠れないなどの症状も改善

夜の睡眠をしっかりと取る努力をしているうちに、自律神経は正常化していき、それに伴って微熱や眠れないなどの症状もおさまってくるでしょう。

 

さらに、自律神経の乱れによって出現していたその他の不快な症状もおさまり、日々の生活は今まで以上にイキイキしたものとなります。

 

朝起きられない原因は何?うつや病気にならない為にも対策を

 

このように自律神経を整えることは、体の健康を維持することと直接的につながっているのです。

 

まとめ

ここまで微熱で眠れないなど、自律神経が及ぼす不快症状の改善についてご紹介してきましたが、やはりまとめとして言える事は、睡眠サプリなどを活用する方法を導入して、しっかりとした夜の睡眠を確保することだといえるでしょう。

 

夜の睡眠で十分に体も自律神経も休めることができれば、また新たな一日を元気にスタートすることができるでしょう。

 

微熱で眠れない原因は自律神経、現代人に多い微熱、そして不眠とは?