寝てる時のビクッって何が原因?気になる現象がおこる仕組み

寝てる時のビクッって何が原因?気になる現象がおこる仕組み

寝てる時のビクッって何が原因?気になる現象がおこる仕組み

寝てる時のビクッって何が原因?気になる現象がおこる仕組み

寝てる時にビクッとするあの現象は、誰でも一度は体験がありますよね。

 

うとうと寝付いた頃に足がびくっとして起きてしまう瞬間。

 

この現象はなぜ起こるのか、ちょっと気になる仕組みについて見ていきたいと思います。

 

 

ジャーキングと呼ばれる生理的現象 

寝てる時にビクッとする現象は皆さん体験したことがあると思います。

 

これは正式には「ジャーキング」と呼ばれる生理現象の一つです。

 

体が深い眠りに入るときに、脳がまた活動している状態から休息する状態に変わる瞬間に、脳が混乱して無意識に筋肉が収縮してしまうために起こります

 

ジャーキング以外にも「睡眠時ぴくつき」「睡眠時ひきつけ」「入眠前ミオクローヌス」などと呼ばれることもあります。

 

症状の特徴としては入眠中に片方の足がビクッとすることが多く、がうごく場合などもあります。

 

通常は1回で収まりますが、場合によっては連続してしまう時もあるのです。

 

脳の働きが原因の場合、また外界からの刺激などもプラスされて、寝てる時のピクッとなる現象が起こります。

 

また、足がむずむずして眠れないとお悩みの方は「むずむず脚症候群を治すには?!」も参考にしてみてください。

 

 

ビクッとしやすいのはどんな時?

寝てる時のビクッて思わずハッとして目が覚めてしまいますよね。

 

ひどい場合は隣で寝ているパートナーの体を蹴ってしまったり、睡眠障害を招く場合もあります。

 

この現象は昼寝でうとうとしている時などの入眠時に起きやすいのです。

 

また、筋肉が硬直しやすい疲労時にも起こりやすいといわれています。

 

日中の過度な運動による筋肉痛で眠れない方は「筋肉が痛い!筋肉痛が痛くて眠れない時にはどうしたらいい?」も合わせてご覧ください。

 

うつぶせ寝や椅子に座ったままで寝てしまう時など、無理な体勢もビクッとなる原因。

 

とある一説では、人間の進化のはじまりであるサルの時の記憶が私達にまだ残っているため、木から落ちると脳が錯覚して筋肉を動かすなんて言われることもありますよ。

 

確かに怖い夢や高いところから落ちる夢を見ていると、寝てる時のビクッとするときがありますよね。

 

寝てる時のビクッを治すことはできるのか?

寝てる時のビクッって何が原因?気になる現象がおこる仕組み

 

一時的なジャーキングは誰にでも起こるので心配はありません。

 

しかし連続して起こる場合は「周期性四肢運動障害」と呼ばれる病気である可能性もあります。

 

また過度の疲労が原因になる場合もあり、症状が長い間改善されないと睡眠障害を招くこともあります。

 

寝てる時のビクッを予防するには、日頃から質の良い睡眠をとることを心がけましょう。

 

オススメは睡眠サプリを飲むことです。

 

副交感神経の働きを優勢にしてリラックスする効果がありますので、体が疲れていても脳が興奮した状態を抑制することができます。

 

「セロトニンを増やす方法とは?摂取するにはサプリが良い?」でもリラックス作用のあるセロトニンとサプリについてまとめています。

 

睡眠の環境を整え、健康を維持するのは毎日の仕事。サプリは飲むだけでとても簡単ですよね。

 

生活習慣や不規則な方、食生活が不安定な方も睡眠のリズムを整えるために、サプリを活用してみてください。

 

まとめ

寝てる時のビクッとなる現象が、あまりにも頻繁に起こる場合は一度医療機関で相談するとよいでしょう。

 

また普段から快眠できる環境を整えるためには、睡眠サプリを上手にプラスして、入眠時に心身ともにリラックスできる習慣を作ることが大変効果的ですよ。

 

寝てる時のビクッって何が原因?気になる現象がおこる仕組み