新薬ベルソムラとは?不眠症への効果と副作用はどうなのか?

新薬ベルソムラとは?不眠症への効果と副作用はどうなのか?

新薬ベルソムラとは?不眠症への効果と副作用はどうなのか?

新薬ベルソムラとは?不眠症への効果と副作用はどうなのか?

ベルソムラとは、平成26年の11月に発売された不眠症の新薬です。

 

今回はそのベルソムラについて説明していきたいと思います。

 

 

ベルソムラとは?

ベラソムラとは、フランス語で美しい睡眠を意味しています。

 

従来の睡眠薬は、以下の二種類でした。

  • ベンゾンジアゼピン系睡眠薬:抑制性神経伝達物質のGABAを伝いGABA受容体に結合しやすくて眠気を誘う
  • メラトニン受容体アゴニストが含まれるもの:眠気を誘発する脳内のメラトニン受容体き直接作用して眠気を誘発する

ベルソムラはこれらとは全く異なるタイプの睡眠薬で、ベルソムラは、オレキシン受容体拮抗薬と言うものを利用しています。

 

オレキシンとは、脳内の神経伝達物質の一つで、覚醒と睡眠に作用していて、視床下部の神経細胞で作られています。

 

オレキシンが覚醒中枢のオレキシン受容体に結合すると睡眠から覚醒するようになっているので、覚醒をしにくくする為にベルソムラがオレキシン受容体に結合し、オレキシンの結合を邪魔することで作用します。

 

従来の眠気を誘うものと比べて、覚醒しにくくさにポイントを置いた睡眠薬です。

 

ベルソムラは、服用後血中濃度が最大になるまでにかかる時間は1時間半、濃度が半分になるまで10時間、効果の持続は6〜8時間程と言われています。

 

服用した初日から効果が出ることが多いのも特徴です。

 

夜中に何度も目が覚める原因は?眠れないを解消するために

 

ベルソムラの副作用は?

新薬ベルソムラとは?不眠症への効果と副作用はどうなのか?

 

ベルソムラの主な副作用は、傾眠(浅い眠りに落ちている状態、目覚めやすい)、頭痛疲労感などが挙げられています。

 

服用の翌朝以降、眠気や注意力、集中力、反射運動能力の低下などが見られることがあるため、服用したら車の運転など危険を伴う作業は控えましょう

 

ベルソムラは、ベンゾジアゼピン系に比べて作用機序が異なるタイプな為、依存や筋弛緩作用が非常に少なく、反跳性不眠もプラセボ軍の睡眠薬と比べても差がないとされています。

 

ベルソムラの副作用の中で、理論上起こる可能性が指摘されているのはナルコレプシー様症状です。

 

ナルコレプシーとは、時と場所には関係なく、突然の強い眠気や笑い、怒り、興奮などの強い感情が引き金となり、突然体の力が抜ける病気のことを言います。

 

この、ナルコレプシーの患者さんはオレキシンの量が少ない傾向があると指摘されているので、ベラソムラを服用する事でナルコレプシーと似た状態を作ってしまうことが指摘されているのです。

 

市販後調査ではこの様な副作用は見られていませんので、頻度はとても低いはずですが、今後注意していく必要があるとされています。

 

睡眠薬のやめ方とは?!すぐにでも辞めるべき理由!

 

 

まとめ

ベルソムラは従来の睡眠薬とは全く新しいタイプ、の睡眠を誘発するのではなく覚醒を阻害する睡眠薬です。

 

ナルコレプシーなど課題はあるものの、比較的副作用の少ない睡眠薬になるので、従来の睡眠薬よりは優しいものになっています。

 

睡眠に悩んでいる人は、快適な睡眠づくりに役立ててみてはいかがでしょうか。

 

新薬ベルソムラとは?不眠症への効果と副作用はどうなのか?