もしかして睡眠障害?!原因と症状をチェック!

もしかして睡眠障害?!原因と症状をチェック!

もしかして睡眠障害?!原因と症状をチェック!

もしかして睡眠障害?!原因と症状をチェック!

疲れてるから寝たいのに、なぜか布団に入っても寝られない。
結局一睡もできずにそのまま朝になってしまった…

 

睡眠障害が続くと、このようなことに悩まれてしまいます。

 

寝たいのに眠れないのって、とても辛いですよね…。

 

そんな睡眠障害が続いてしまうと、次のような症状が起きてしまう可能性がありますので注意が必要です。

 

頭が働かなくなり、常にぼーっとしていることが多くなる

もしかして睡眠障害?!原因と症状をチェック!

 

睡眠がきちんと取れない生活が続いてしまうと、頭が休まる暇がなくなってしまうため、徐々に頭が正常に働かなくなり、大きなミスをしてしまうことも‥。

 

睡眠障害を起こされている方で、運転中の居眠りによる事故を発生させてしまう方もいますので、睡眠障害は非常に危険な病と言えるでしょう。

 

自律神経が安定せず、精神を病んでしまうことも

睡眠がきちんと取れなくなってしまうと、自律神経を整える時間がなくなってしまい、自律神経が乱れやすくなってしまいます

 

自律神経が乱れることで、体内時計がおかしくなったり、精神が安定せず、情緒不安定に陥りやすくなります。

 

そのまま放置をしてしまうと、最悪の場合うつ病などの精神的な病を引き起こす引き金になってしまうこともあるのです。

 

睡眠は精神を安定させるためにも、非常に大切なものと言えるでしょう。

 

睡眠障害はどうして起こる?原因と対策方法について

睡眠障害を起こしてしまう原因は人によって異なりますが、主にこれらの原因で睡眠障害を引き起こすことが多いと考えられています。

 

ストレス

日頃のストレスが蓄積してしまうと、ストレスが自律神経を安定させず、なかなか寝付けない、眠っても深く眠れないという状態を作り上げてしまいます。
ストレスをこまめに緩和し、出来るだけ溜め込まないようにすることで、自律神経も安定してきますので、気晴らしの方法を見つけるようにしてみましょう。

 

ブルーライト

ケータイやパソコンなどのブルーライトを長時間目に受けていると、自律神経が刺激されたり、目が緊張状態に陥ってしまい、深く眠ることが出来なくなってしまいます。

 

ブルーライトをカットする効果のあるメガネを使ったり、眠る前には目の周りを温めたり、マッサージすることで、疲れを取ることが出来ますよ。

 

生活リズムの乱れ

日によって起きる時間や眠る時間が異なる方は、体がいつ眠ればよいかわからなくなってしまっているため、眠っても深く眠れないという可能性が高いでしょう。

 

生活リズムの乱れを整えるためには、太陽光を浴びることが大切です。
太陽光を浴びることで体内時計がリセットされて、徐々に生活リズムが整っていくでしょう。

 

冷え症

手先や足先が冷える、冷え症という方は、寝つきが悪くなってしまう傾向があります。
特に冬場に症状が酷いという方も居るかもしれません。

 

冷え症は、しょうが等の体を温める効果のある食材を積極的に摂取することや、ストレッチ、マッサージ、運動などで、血行を良くすることが大切です。

 

運動不足

日頃から運動不足の方は、まだ体にエネルギーが余っているため、なかなか寝付けない可能性が高いでしょう。
理想は一日一回、汗をかくほどの運動をすることですが、難しいようであれば、毎日15分ウォーキングをしたり、無理の無い範囲で運動を行う事から始めてみましょう。

 

加齢

眠ることには体力を使いますので、加齢で体力が落ちてくると、深く眠ることが出来なくなってしまいます。
体力をつけることで、眠りを深くすることが出来ますので、体力増強の為に、ウォーキングなどの出来る範囲からスタートしてみて下さい。

 

睡眠障害を改善する方法とは?

このような原因で発生することが多い、睡眠障害。
そんな睡眠障害ですが、それぞれの原因によって対策方法が異なります。

 

ですが、睡眠障害の原因となっている理由が、自分でも何だかよくわからないということもありますよね。

 

睡眠障害の原因がわからない場合は、まず体を温めることを意識してみて下さい。
内臓を冷やさないように、冷たい飲み物を避けて、お風呂に入る際には湯船に浸かるように心がけることが大切です。

 

また、運動をすることは大切ですが、眠る前には激しい運動をしないように心がけましょう。
眠る前に、筋トレやランニングなどの激しい運動をしてしまうと、アドレナリンが出てしまい、脳が活性化して眠りにくい状態になってしまいます。

 

激しい運動は眠る2時間前には終えておくことが理想です。
眠る前には、ストレッチやマッサージなどの、リラックス効果が高い睡眠ケアを取り入れて、精神を落ち着かせましょう。

 

ラベンダーなど、リラックス効果が高いアロマを焚くなどのニオイケアをして、心身共にリラックスさせることも大切です。

 

睡眠障害を体に負担が無く解消する方法は??

このような症状が引き起こされる可能性が高い、睡眠障害

 

そもそもなぜ、こうした睡眠障害が発生してしまうのでしょうか?

 

睡眠障害を発生してしまう理由は、ストレスや疲労が知らず知らずのうちに溜まってしまい、体内から、不眠物質であるホルモンを発生させることが原因と考えられます。

 

この不眠物質、一度分泌され始めると体内にどんどん蓄積されていき、徐々に不眠が悪化。

 

遂には自分ではどうしようもない不眠症状に悩まされてしまう可能性があるのです。

 

不眠症の原因とは?対策と改善方法を知って睡眠障害を治療

 

放置してしまえばしまうほど症状が悪化してしまうため、そのままですとうつ病などの精神疾患を発症してしまうのも時間の問題と言えるでしょう。

 

ストレスや疲労はこまめに解消して、極力溜め込まない様にすることが、睡眠障害を解消する秘訣

 

好きなことをしたり、無理をしすぎない様にすることで、精神を安定させ、不眠物質を除去していくように心がけましょう。

 

また、疲労を回復する為に、マッサージを行ったり、ストレッチを行う方法もオススメ。

 

これらの方法は精神を安定させる効果も期待できるため、睡眠を誘発することが出来ると言えるでしょう。

 

睡眠障害に悩んだら、このような症状が表れる前にも一刻も早くケアをすることが大切です。

 

下手をすると、命に関わる危険な事故を引き起こしてしまう可能性もあるかもしれませんよ…!

 

睡眠薬はオススメできません

即効性があることで知られている睡眠薬ですが、睡眠薬を摂取して眠ることはあまりお勧めできません。

 

睡眠薬は確かに即効性があり、今すぐにでも眠りたいという方に効果てきめんなのですが、何分依存性が強いのが玉にきずです。
酷い場合ですと、睡眠薬が無いと眠れなくなるような事態に陥りかねないでしょう。

 

また、睡眠薬は飲み続けていると慣れてしまい、同じ強さの薬は効かなくなってしまいます。
効果が強い睡眠薬はそれだけ、副作用も強いため、内臓にダメージを与え、副作用に苦しめられてしまう可能性が高いでしょう。

 

健康的に、安心して眠るためには、睡眠薬を頻繁に利用する事はお勧めできません。

 

体に優しい、安心して飲める睡眠サプリって?

睡眠障害を早く解決したいと願い、睡眠薬を手に取るのであれば、まずは睡眠サプリメントを試してみてはいかがでしょうか?

 

睡眠サプリメントは、薬と違ってサプリメントですので、体へ負担がかからず、副作用などが起きないのが最大の特徴です。

 

睡眠障害体質を徐々に改善していき、体に優しく、安らかな眠りにつくことが出来るようになるでしょう。

 

体に負担をかけずに、優しく睡眠をサポートしてくれますよ♪

 

もしかして睡眠障害?!原因と症状をチェック!