朝起きられない原因は何?うつや病気にならない為にも対策を

朝起きられない原因は何?うつや病気にならない為にも対策を

朝起きられない原因は何?うつや病気にならない為にも対策を

朝起きられない原因は何?うつや病気にならない為にも対策を

なかなか夜になると寝付けなくて、朝起きられない
朝布団から出たくない、起きるのが苦痛でしょうがない

 

このように、朝起きられなくてお困りのあなた。

 

それは、眠っている際の睡眠の質が低下している何よりの証拠です。

 

睡眠の質が低下してしまうと体にはどのようなことが起きるのか?

 

朝起きられないという方は、このままだと大変なことになるかもしれません!

 

睡眠の質が低下し続けると、次のような症状が表れるようになります。

 

疲労が蓄積し続け、免疫力が低下する

人間は、睡眠を取っている間に体を休めます。

 

ですが、睡眠の質が低下して、なかなか寝付けない日が続いてしまうと、徐々に疲労が蓄積

 

疲労が体に溜まったまま無理をしてしまうと免疫力の低下に繋がり、病気を患ってしまう可能性もあります

 

また、しっかり疲労が回復しないと活性酸素と呼ばれる成分が体内に溜まりやすくなり、健康な細胞を攻撃。

 

攻撃された細胞がダメージを受けた結果、がん細胞化してしまう恐れがあります。

 

頭が休まらず、記憶力の低下や回転の鈍さにつながる

朝起きられない原因は何?うつや病気にならない為にも対策を

 

人間は睡眠を取っている間に、頭を休めたり、記憶を定着させる働きがあります。

 

ですが、睡眠の質が低下してしまうと記憶が定着しづらくなってしまい、忘れっぽくなったり、ひどい場合ですと、若年性アルツハイマーを発症する可能性があります。

 

また、そのまま症状が進んでいくと頭の回転がどんどん鈍くなり、いつでもボーッとしてしまったり、頭がボンヤリとした感覚がずっと残って、物事をよく考えられなくなる恐れもありますので危険です。

 

自律神経が安定しなくなり、うつ病になることも

また、睡眠の質の低下で最も恐ろしいのが“自律神経が安定しなくなること”があげられます。

 

自律神経には、体の体温を安定させたり、精神を安定させる為に非常に大切な神経なのですが、この自律神経が安定しなくなることで、日常生活にも様々な支障が表れはじめます。

 

寒くもないのに、突然手先や足先が異常なまでに冷たくなったり…
精神が落ち着かず、ちょっとしたことで情緒不安定になってしまったり…

 

最悪、そのまま自律神経が壊れてしまうと、うつ病を発症するケースもあるようです。

 

そこまで症状が悪化する前にも、睡眠の質を向上させる必要があると言えるでしょう。

 

レム睡眠とノンレム睡眠の周期とは?浅い睡眠と良い眠りの関係

 

睡眠の質を高める為に大切なのは、睡眠ホルモンの分泌を促すことです。

 

睡眠ホルモンの分泌を促すことで、夜になるとぐっすりと眠ることが出来るようになり、少しの睡眠時間でも、深く眠ることが出来、翌朝スッキリと起きることが出来ますよ♪

 

この睡眠ホルモンの分泌を促す為にはこのような、睡眠サプリを利用するのも一つの手。

 

朝起きられなくて辛いという方は、試してみてはいかがでしょうか?

 

はじめて睡眠サプリを使ってみるという方には、体に優しい睡眠サプリがオススメ!

 

どんな睡眠サプリを使おうかお悩みの方は、オススメの睡眠サプリランキングをチェックしてみて下さいね♪

 

朝起きられない原因は何?うつや病気にならない為にも対策を