寝酒で不眠症解消できる?睡眠の効果と危険な影響

寝酒で不眠症解消できる?睡眠の効果と危険な影響

寝酒で不眠症解消できる?睡眠の効果と危険な影響

寝酒で不眠症解消できる?睡眠の効果と危険な影響

夜眠る前に飲む方も多い、寝酒

 

そんな寝酒、飲むことで深く眠りにつくことが出来るとお考えの方も居るかもですが、実は寝酒って、とても危険な行為だってご存知ですか?

 

寝酒はどうして危険なのか?

 

その理由をご説明します。

 

寝酒には依存症があり、睡眠薬と同じくらいの危険が…

眠る前に飲むお酒、寝酒。

 

寝酒には、体を温めて眠りを深くしたり、ぐっすりと熟睡させる効果が期待できるのですが、寝酒はクセになってしまうと、睡眠薬と同じように依存症状が出てきてしまう恐れがあります

 

睡眠薬に依存すると危険がいっぱい!副作用にも注意!

 

依存症状が出てきてしまうと、どんどんとお酒の量が増えていき、続けて行くと、アルコール依存症を併発して発症する恐れもあるのです。

 

最初はコップ一杯二杯だった寝酒が、気が付いたら、瓶一本二本、簡単に開けてしまっていることも。

 

そうなってしまうと睡眠薬と同じで、お酒が無いと眠れない体質になってしまいます。

 

あくまで寝酒をする際には、量を守って摂取することが大切です。

 

次の日までお酒が残って、二日酔いを招く恐れも…

また、寝酒を大量のアルコールでしてしまうと、お酒が体内に残ってしまい、分解しきれなくなる可能性があります。

 

上手くアルコールが分解できないと、アルコールが次の日まで残ってしまって目覚めが最悪になる可能性がある他、アルコールが分解されたことで発生する、アセトアルデヒドが体内に残ることで、二日酔いが発生。

 

目覚めが悪くなることはもちろん、体がゆっくりと休まらず、疲労は回復しないまま朝起きなければならない可能性が高いでしょう。

 

肝臓にダメージが与えられ、深刻な病を引き起こす可能性があります

また、寝酒を毎日のように続けていると、肝臓にダメージが与えられる可能性があります。

 

一度ダメージが与えられた肝臓は、自力で回復することが非常に困難で、そのまま放置してしまうと、肝臓がんなどの深刻な病を引き起こす可能性が高まります。

 

毎日のように寝酒をしているという方は、今すぐにでもその習慣を止めましょう。

 

そのまま続けると、取り返しが付かなくなる恐れがありますよ!

 

寝酒を止めて眠れるようになるにはどうすれば良い?

寝酒で不眠症解消できる?睡眠の効果と危険な影響

 

まず、お酒を完全に止めるとなると、それはそれで苦痛に感じる方も居るかもしれません。

 

お酒を完全に止めるのが難しい場合は、その必要はありません。

 

肝臓を労わるために、毎日ではなく一日や二日置きで寝酒を楽しんだり、一回に飲む量を減らしてみると、肝臓に与えられるダメージも少しずつ減っていくでしょう。

 

合わせて、ストレッチやマッサージなどを行って、睡眠ホルモンの分泌を促したり、体を温めて、眠りやすい体を作ってみることが大切です。

 

また、寝酒の代わりに、睡眠サプリを飲んで睡眠ケアをするという方法も効果的

 

睡眠サプリであれば、肝臓はもちろん、内臓に負担をかけずに睡眠ケアをすることが出来ますよ♪

 

体に優しく睡眠をケアしていきたいのであれば、睡眠サプリを利用してみてはいかがでしょうか?

 

寝酒で不眠症解消できる?睡眠の効果と危険な影響