寝るまでにかかる時間はどのくらい?

寝るまでにかかる時間はどのくらい?

寝るまでにかかる時間はどのくらい?

寝るまでにかかる時間はどのくらい?

それぞれ人によって、寝るまでにかかる時間と言うものは異なります。

 

ですが、あまりにもその時間がかかりすぎているようであれば、それは不眠症の一歩手前の可能性がありますよ

 

一般的に寝るまでにかかる時間は、どれほどかかるものなのか?

 

多くの人が睡眠までにかかる時間についてご説明します。

 

睡眠までにかかる時間は何分が健康的?!

一般的に睡眠までにかかる時間は、平均して15分前後

 

布団に入って目をつむってから、大体15分前後で眠りにつくという方が多いという事がわかっています。

 

もちろんこの時間は個人差がありますので一概には言えませんが、健康的な方であれば、布団に入ってから15分から1時間以内には眠りにつける方が多いと言えるでしょう。

 

不眠症の一歩手前と診断されている方が寝る前にかかる時間はどのくらい?

では、不眠症の一歩手前とまで診断されている方は、眠るまでにどれくらいの時間がかかっているのか?

 

こちらも人によって変わるため一概には言えないのですが、大体、布団に入って目をつむってから、1時間〜2時間程かかるという方が多いようです。

 

中には、なかなか寝付けずそのまま5時間程眠れなかったことがあるという方や、朝まで一睡もできなかったという方も…。

 

このように、稀になかなか寝付けなくなるという方は、不眠症予備軍

 

この状態が何日も続くようであれば、不眠症を既に発症している恐れがあるかもしれません。

 

これって不眠症?不眠症チェックリスト

 

寝るまでに○分以上かかるようであれば、これを試してみましょう!

自分がプチ不眠症かそうでないかの目安としてあげられるのが、眠るまでにかかる時間

 

布団に入ってから目をつむって眠るまでに、1時間以上かかるという方は、不眠症予備軍である可能性があります。

 

たまたま1日2日眠れなくて、その他の日はぐっすりという場合は話が別ですが、万が一その状態が何日も続くようであれば、何らかのケアをするように心がけましょう。

 

睡眠を促進するためには、これらのことを行うことが効果的です。

 

お風呂に入ってじっくり体を温める

寝るまでにかかる時間はどのくらい?

 

体が温まることで、人間は眠る準備に入ることが出来ます。

 

夜眠る前に出来れば、湯船にじっくりと浸かって体を温めると良いでしょう。

 

シャワーなどでも構いませんが、可能であれば効果が持続しやすい入浴がおすすめです。

 

夜にお腹いっぱい食べすぎない

眠る前にお腹いっぱい食べてしまうと、消化する為に眠るエネルギーを使ってしまうので、極力、食べ過ぎない様に心がけて下さい。

 

ストレッチやマッサージを行う

寝るまでにかかる時間はどのくらい?

 

ストレッチやマッサージを行うことで自律神経が安定しやすくなり、眠りやすい環境を作ることが出来ます。

 

また、老廃物が流れやすくなり、ダイエット効果にも期待できるでしょう。

 

睡眠サプリを摂取する

睡眠サプリを摂取することで、睡眠ホルモンが体内に増えやすくなる為、眠りやすい体質をゲットし、不眠を解決しやすくなります。

 

睡眠サプリお試しの際には、おすすめの睡眠サプリランキングを参考にしてください。

 

寝るまでにかかる時間はどのくらい?