夜中に何度も目が覚める原因は?眠れないを解消するために

夜中に何度も目が覚める原因は?眠れないを解消するために

夜中に何度も目が覚める原因は?眠れないを解消するために

夜中に何度も目が覚める原因は?眠れないを解消するために

夜中に何度も目が覚めてしっかり寝られない
日中に何度もうたた寝してしまうのに、夜になるとパッチリ目がさめる

 

…このように、夜中になると目が覚めてしまうという方は少なくありません。

 

夜になると目が覚めてしまうのは不眠症の一種として知られていますが、その辛い症状が起きている理由は、これらがあげられます。

 

夜中になると目が覚めてしまう原因はコレだった!

夜中になると目が覚める根本的な原因は、眠るために必要になる、睡眠ホルモンがキチンと体内に分泌されていないことがあげられます。

 

睡眠ホルモンは、健康な体であれば、特に意識していなくても自然と分泌されるものなのですが、日常生活の様々なことが理由で、睡眠ホルモンの分泌が減少。

 

メラトニンとは?メラトニン配合のサプリは不眠症に効果がある?

 

一度眠っても眠りが浅く、夜中に目が覚めてしまう事態に陥ります。

 

夜中に何度も目が覚めてしまうのは日常生活のこんなことのせいで起こっているのかも!

では、睡眠ホルモンの分泌を妨げているものは一体なんなのでしょうか?

 

これは人によっても異なりますので一概には言えませんが、主にこれらの理由があげられます。

 

生活リズムがバラバラで、体内時計が壊れている

夜中に何度も目が覚める原因は?眠れないを解消するために

 

生活の時間帯が日によってバラバラで、体内時計がおかしくなっている場合。

 

体は、睡眠ホルモンをいつ分泌すれば良いかわからず、不眠症体質に変わっていってしまいます。

 

一度壊れてしまった体内時計を治すためには、毎日日の光を浴びることが大切です。

 

日の光を浴びることで、体は体内時計を自動的に調節する働きがありますので、生活リズムが崩れている方は、まずは日の光を浴びるようにしてみてください。

 

毎日続けて行くことで、徐々に体内時計を正確に戻していきますよ♪

 

昼夜逆転してしまった時の直し方!睡眠障害にならない為に

 

ストレスや疲労が溜まっていて、うまく発散出来ていない

人間は、生きているだけで何らかのストレスを感じながら生活しています。

 

そんなストレスや疲労が知らず知らずのうちに蓄積されると、神経が過敏になり、睡眠ホルモンを出しにくい体質になってしまいます。

 

自分では気がつかないうち、ストレスや疲労が溜まっていっている可能性もあります。

 

定期的に趣味を行ったり、おやすみを取ったりなど、息抜きをするように心がけることが大切です。

 

また、子育てや会社でのストレスは、誰かに聞いてもらうことで軽減されるケースもあります。

 

人と会う時間が取れない場合は、メールや電話で聞いてもらえる機会をつくりましょう。

 

不眠症が始まったら、ストレスが蓄積している兆候とみて間違いありませんので、出来るだけ休みを取るように心がけましょう。

 

不眠症の原因とは?対策と改善方法を知って睡眠障害を治療

 

更年期障害が隠れているケース

夜中に何度も目が覚める原因は?眠れないを解消するために

 

40歳前後の女性は、体の中で閉経を迎える準備を着々と進めるでしょう。

 

これを更年期障害と呼びますが、主な症状に頭痛、うつ症状、肩こり、だるさなどがあげられます。

 

実はこれだけではなく不眠も加えられるのです。

 

これは、女性ホルモンであるエストロゲンが減少する事で、睡眠を促すホルモンの分泌まで低下させてしまうからです。

 

40歳前後で夜中に何度も起きて眠れなくなる症状が出たら、更年期症状の始まりかもしれません。

 

これに対する策としては、女性ホルモンに似た働きをする大豆イソフラボンなどを豆腐や納豆を食する事で積極的にとるようにしましょう。

 

「更年期の不眠の原因と対策!今日からできることは何?」でも対策をまとめています。

 

塩分過多、カロリー過多な食生活を送っている

塩分過多な食事や、カロリー過多な食生活を送っているという方は要注意!

 

脂や塩分をなんとか消化・分解しようとして体は精一杯、睡眠ホルモンをだす余裕がなくなってしまう可能性があります。

 

生活習慣病予防や肥満予防など、健康のためにも、夜は特に、食事をできるだけ必要最低限に抑えるように心がけましょう。

 

また、外食時も注意が必要。

 

塩分や脂が少なめのものや、野菜が多く含まれているものを選び、ジャンクフードなどは極力避けましょう。

 

他にも夜中に何度も目が覚めてしまう原因はある!

夜中に何度も目が覚める原因は?眠れないを解消するために

 

睡眠ホルモンの分泌以外にも、以下のように内疾患や、物理的な要因から夜中に何度も起きてしまう原因があります。

 

利尿作用のある飲料を飲んだ時

夜中に何度も起きてしまうのは、寝る前に多量に飲料を飲用してしまうことも原因となります。

 

特に、利尿作用のあるコーヒーやお茶などは、夜中にトイレに起きる回数が増えるため、極力控えて就寝に臨みましょう。

 

また、冷たい飲み物も膀胱を刺激するため、どうしても寝る前に飲み物を飲むのであれば、温かい白湯などを少量飲むようにしましょう。

 

喘息や気管支疾患が原因の咳

喘息や気管支疾患をう人は、日中よりも眠りにつく夜間に咳が出やすくなります。

 

咳込みで夜中に何度も起きてしまうという事があるでしょう。

 

気温が急激に下がり、気管支が収縮されるからという理由があります。

 

元の疾患を治すことはもちろん、アレルギー物質などを取り除き、部屋を清潔にしたり、部屋の温度や湿度を一定にすることも有効です。

 

治療と同時に、眠りにつく環境を整えることで改善したいですね。

 

糖尿病など頻尿症状のある疾患にかかっている時

糖尿病などの成人病の症状に、頻尿があげられます。

 

夜間頻尿は睡眠を妨げる要因になってしまうでしょう。

 

こうした糖尿病にならない事が、一番の不眠予防策になります。

 

食生活や、適度の運動を中心とした生活を心がけましょう。

 

また、高齢になるに連れて、膀胱が収縮したり、膀胱が敏感になったりするため、夜間頻尿に悩まされる人も少なくありません。

 

こうした、症状は専門医の治療も大切です。

 

禁煙が不眠を生み出すことも!?

夜中に何度も目が覚める原因は?眠れないを解消するために
禁煙は健康を取り戻すためには、メリットがたくさんあるでしょう。

 

ですが、タバコにはリラックス効果をもたらすニコチン成分が含まれていました。

 

タバコを吸う人は、就寝前にタバコを吸って精神を安定させてから睡眠に入る人も少なくありません。

 

これがニコチンの役割でもあり、中毒化してしまうのですが、禁煙した途端に、ニコチン成分を得る事ができずに、夜中に何度も起きてしまうという不眠現象が起きてしまうのです。

 

禁煙は数週間すれば体も慣れてくるため、ニコチンなしでも安定した睡眠を取り戻す事ができるでしょう。

 

ですが、その間にも眠れないのが苦痛になります。

 

こうした時は、睡眠サプリの力にゆだねましょう。

 

騒音などにより眠れないケース

寝室が位置する場所によっては、生活音や、騒音などに悩まされる事があるでしょう。

 

または、家族のイビキや寝言で眠りたくても眠れなかったり、夜中何度も起きたりという事もあるのです。

 

日中に気にならなかった騒音が、寝る頃に気になりだすのは、脳がアルファー波を出して眠りにつく準備をし始めるからです。

 

このような状態の時は、聴覚が敏感さを増す為、余計に寝付けなくなったり、夜中に騒音が気になって何度も起きたりしてしまうのです。

 

眠りを遮る音をシャットアウトするためにも、就寝中のみ耳栓やヘッドホンなどを利用したりするのも良いでしょう。

 

「うるさくて寝れない!騒音で眠れない時はサプリで解決」でも対策をまとめています。

 

睡眠ホルモンの分泌を促すためには、睡眠サプリもおすすめ!

夜中に何度も目が覚める原因は?眠れないを解消するために

 

夜中に何度も目が覚めるという現象が続くと、不眠になってしまいます。

 

その理由は様々で、ストレスによるものや、成人病の症状である頻尿などがあげられるでしょう。

 

また、中には女性の転機を迎える更年期症状が原因のケースも考えられるのです。

 

夜中に何度も起きてしまうと、睡眠自体をストレスに感じてしまうこともあり、眠りにつくのが怖くなってしまうことも。

 

睡眠障害と不眠症の違いは?睡眠サプリで眠れない日々から解放!

 

そんな睡眠に関するストレスを抱えないためにも、睡眠をしっかり整えてくれる睡眠サプリがオススメです。

 

睡眠薬のような強い副作用がなく、飲むだけで睡眠がしやすい体質に改善していくことができますよ!

 

まとめ

夜中に何度も目が覚めるこんな不快な症状が長期継続するならば、心身ともに、疲れ果てて健康も美容も低下してしまうでしょう。

 

私達の一日の疲れは、睡眠と言う生理現象でリセットされるはずなのです。

 

そうした睡眠異常は、生活習慣の見直しを軸に改善していく必要があります

 

ですが、こうした生活習慣の改善は、忙しい現代人には実現不可能に近いものがあるのです。

 

そのような人は、副作用や依存性の少ない睡眠サプリの使用を検討してみてください。

 

夜中に何度も目が覚める原因は?眠れないを解消するために