夜中に何度も目が覚める原因は?眠れないを解消するために

夜中に何度も目が覚める原因は?眠れないを解消するために

夜中に何度も目が覚める原因は?眠れないを解消するために

夜中に何度も目が覚める原因は?眠れないを解消するために

夜中に何度も目が覚めてしっかり寝られない
日中に何度もうたた寝してしまうのに、夜になるとパッチリ目がさめる

 

…このように、夜中になると目が覚めてしまうという方は少なくありません。

 

夜になると目が覚めてしまうのは不眠症の一種として知られていますが、その辛い症状が起きている理由は、これらがあげられます。

 

夜中になると目が覚めてしまう原因はコレだった!

夜中になると目が覚める根本的な原因は、眠るために必要になる、“睡眠ホルモン”がキチンと体内に分泌されていないことがあげられます。

 

睡眠ホルモンは、健康な体であれば、特に意識していなくても自然と分泌されるものなのですが、日常生活の様々なことが理由で、睡眠ホルモンの分泌が減少。

 

一度眠っても眠りが浅く、夜中に目が覚めてしまう事態に陥ります。

 

夜中に何度も目が覚めてしまうのは日常生活のこんなことのせいで起こっているのかも!

では、睡眠ホルモンの分泌を妨げているものは一体なんなのでしょうか?

 

これは人によっても異なりますので一概には言えませんが、主にこれらの理由があげられます。

 

生活リズムがバラバラで、体内時計が壊れている

夜中に何度も目が覚める原因は?眠れないを解消するために

 

生活の時間帯が日によってバラバラで、体内時計がおかしくなっている場合。

 

体は、睡眠ホルモンをいつ分泌すれば良いかわからず、不眠症体質に変わっていってしまいます。

 

一度壊れてしまった体内時計を治すためには、毎日日の光を浴びることが大切です。

 

日の光を浴びることで、体は体内時計を自動的に調節する働きがありますので、生活リズムが崩れている方は、まずは日の光を浴びるようにしてみてください。

 

毎日続けて行くことで、徐々に効果を体内時計を正確に戻していきますよ♪

 

昼夜逆転してしまった時の直し方!睡眠障害にならない為に

 

塩分過多、カロリー過多な食生活を送っている

塩分過多な食事やカロリー過多な食生活を送っているという方は要注意!

 

体がその食事をなんとか消化しようと頑張るため、睡眠ホルモンをだす余裕がなくなってしまう可能性があります。

 

生活習慣病予防や肥満予防など、健康のためにも、夜は特に、食事をできるだけ必要最低限に抑えるように心がけましょう。

 

ストレスや疲労が溜まっていて、うまく発散出来ていない

人間は、生きているだけで何らかのストレスを感じながら生活しています。

 

そんなストレスや疲労が知らず知らずのうちに蓄積されると、神経が過敏になり、睡眠ホルモンを出しにくい体質になってしまいます。

 

自分では気がつかないうち、ストレスや疲労が溜まっていっている可能性もありますので、定期的に趣味を行ったり、おやすみを取ったりなど、息抜きをするように心がけることが大切です。

 

不眠症が始まったら、その兆候とみて間違いありませんので、どんな形でも構いませんので、出来るだけ休みを取るように心がけましょう。

 

不眠症の原因とは?対策と改善方法を知って睡眠障害を治療

 

睡眠ホルモンの分泌を促すためには、睡眠サプリもおすすめ!

 

飲むだけで睡眠がしやすい体質に改善していくことができますよ!

 

夜中に何度も目が覚める原因は?眠れないを解消するために